カードローンを利用している人の多くは、

 もっと限度額を増やしたい!

と考えています。

カードローンを利用し始めたときは、20万円~30万円程度に限度額が設定されることが多く、

 増額をすることで活用シーンを増やしたい

と考えるからです。

しかし、すでに利用しているカードローンの増額申請には、一定のリスクがありますので、それを理解した上で増額の希望を伝える必要があります。

ここでは、カードローン増額の問題点と、それに代わる枠の増やし方について考えてみたいと思います。


■増額の問題点は「減額」

カードローンの増額申請の大きな問題点は、

 申請することで、かえって枠が減少することがある

ということです。

カードローンの増額審査は、新規の申し込み審査と同じ手続きですので、

 ・これまでの返済履歴
 ・他社の利用状況の変化

により、今の限度額よりも少なくなる可能性があります。

さらに、ひどいケースになると、減額どころか

 限度額0円

となってしまい、今使っているカードが返済専用になってしまうこともあります。


■収入証明が必要になる

カードローンの増額審査では、通常、収入証明書類が必要になります。

源泉徴収票や所得証明書、確定申告書の写しなどが手元にあればいいですが、そうでないときは、市区町村の窓口まで取りに行く必要があります。

即日で増額してほしいときや、収入証明書類の取得が困難なときは、別の方法で増額することを検討する必要があります。


■別のカードローンへの申込みなら!

これらの問題を回避し、できるだけ簡単に枠を増やす方法では、

 別のカードローンに申込む

という方法に人気があります。

同じ系列グループのカードローンでは、申込みがバレてしまいますので、別グループのサービスを選ぶのがおすすめです。

万一、ローン審査に落ちてしまっても、今使っているカードの限度額は利用し続けられますので、リスクを回避した増額の方法だといえます。

銀行のカードローンなら100万円程度までは、収入証明なしで申込めるのも魅力ではないでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja